本文へスキップ
三重県明和町社会福祉協議会/多気郡明和町社会福祉協議会

 明和町社会福祉協議会は、「住みなれた地域で楽しくおだやかに暮らしたい」という地域住民の気持ちを大切にしています。しかし日々の生活のなかで、どうしても一人では抱えきれないことがあります。
 そのような福祉・生活の課題を、住民のみなさんに共通した身近な問題としてとらえ、『だれもが・できるとき・可能な範囲で』お互いに支え合いながら暮らしていける、そんな、あたたかい心のふれあう町づくりをめざしています。



『福祉なんでも相談』窓口を開設しています。
どこに相談したらよいかわからないことは社協へ!!
社協職員が窓口となり「いつでも」「どこでも」お話しをうかがいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新 着 情 報
明和町内企業 社会貢献・CSR活動紹介
私達は、町内企業の「社会貢献・CSR活動」を応援しています。今後も随時更新していきます。
・近畿日本鉄道株式会社 明星列車区
 
(令和2年09月)
・河田フェザー株式会社

 (令和元年12月)
・たなか建築
 (令和元年07月)


令和2年09月27日
OBENTO PROJECT
クラウドファンディング実施しています。
https://camp-fire.jp/projects/view/320086


Obento Project 明和町



めいわ社協だより令和2年9月号
 掲載しました。

令和2年10月25日
「つどい子ども食堂」再開
 掲載しました。

令和2年07月07日
OBENTO PROJECT
 コロナウイルス等により生活に影響がある
 18歳未満のお子さんがいる世帯に
 手作り弁当の無償提供を行っています。

令和2年04月
つどい子ども食堂in中町公民館
 掲載しました。

令和元年12月
つどい子ども食堂Xmasイベント
 掲載しました。


一時的な資金の緊急貸付に関するご案内
 
(新型コロナウイルス感染症の影響による
  休業や失業で、 生活資金でお悩みの皆さまへ)

生活相談の窓口が開設されました。
 こんなお悩みありませんか?
 ・お金のやりくりに困っている…。
 ・引きこもっている家族がいる…。
 ・働きたいけど、なかなか仕事が見つからない…
 ひとりで悩まず支援員と一緒に解決策を考えませんか?
 (明和町生活困窮者自立相談支援事業 相談窓口)



義援金受付のお知らせ

日本赤十字社

これからも温かいご支援、ご協力を宜しくお願いします。

赤い羽根共同募金
中央共同募金会等では、被災された方々へのお見舞いのために、義援金を募集しています。

明和町地域福祉計画・地域福祉活動計画
住民・行政・社会福祉協議会が協働し、みんなが同じ地域に暮らす住民として、お互いに支えあう新しい仕組みづくりを計画的に進めていくために「明和町地域福祉計画・地域福祉活動計画」を策定しました。
第1期 地域福祉計画・地域福祉活動計画


「羽毛布団回収用ストックヤード」について
「ありんこ」前に
設置しました。ご不要なった羽毛布団がございましたら回収いたします。お気軽にお持ちより下さい。

・・・・・月間予定表・・・・・・・
予定表を見る
・・・・・
広報誌紹介・・・・・・
ボランティア・ありんこ・民生児童委員協議会・
社協が行う事業を紹介するため、
広報誌を発行しています

広報誌を見る


.........................................................................
社会福祉法人
明和町社会福祉協議会

.........................................................................
〒515-0332 三重県多気郡明和町馬之上917-1
.........................................................................
TEL 0596-52-7056  FAX 0596-52-7057
.........................................................................
Mail:mei-skyo@ma.mctv.ne.jp
.........................................................................

プライバシーポリシー

明和の里・ありんこ 周辺地図





Cafe茶々facebook
   

 明和町社会福祉協議会 職員行動原則
【尊厳の尊重と自立支援】
1.私たちは、人々の尊厳と自己決定を尊重し、その人が抱える福祉問題を解決し、住み慣れた地域でその 人らしく暮らすことができるよう最善を尽くします。

【福祉コミュニティづくり】
2.私たちは、住民が身近な地域における福祉について関心をもち、福祉活動に参加する住民主体による福 祉コミュニティづくりをめざします。

【住民参加と連携・協働】
3.私たちは、住民参加と地域の連携・協働により業務を行なうことを心がけ、地域に根ざした先駆的な取 り組みを応援し、地域福祉を推進する実践や活動を広げます。

【地域福祉の基盤づくり】
4.私たちは、福祉課題を地域全体の問題として捉え、新たな事業や活動の開発、提言活動や計画づくりの 取り組みに積極的に関わり、地域福祉の基盤づくりの役割を担います。

【自己研鑽、チームワーク、チャレンジ精神】
5.私たちは、自己研鑽を重ね、職員同士のチームワークと部署間の連携をすすめ、チャレンジ精神をもっ て業務を遂行します。

【法令遵守、説明責任】
6.私たちは、法令を遵守し、自らの組織や事業に関する説明責任を果たし、信頼され開かれた社協づくり をすすめます。
(全国社会福祉協議会「社協職員行動原則」より)