新しい体制へ出発のあいさつ

 当改良区は、大淀・上御糸・下御糸・斎宮・明星の5つの改良区が平成17年10月3日に合併しました。
 ここに至るまでは、紆余曲折があったわけですが、合併したスケールメリットを利用し農業者の役に立つよう努力を惜しまないところであります。
 このホームページより組合員はもとより地域住民・全国各地への発信の拠点となることを望みごあいさつといたします。

平成18年1月

 
広報 水土里ネット・めいわ 第14号より

 平素は、明和土地改良区の運営を始め、各般に渡り格別のご理解とご協力を賜り、誠に有難うございます。心からお礼を申し上げます。
 さて、農業を取り巻く環境は大変厳しい状況であります。農業所得の減少に伴う後継者の農業離れが著しい中、ご高齢の方が何とか維持・管理をしているのが、今日の現状であります。
 今後、益々農業離れが進む状況の中、ご承知のように当改良区は施設の延命を図る為、国・県・町の支援を受け、老朽化している施設の改修に取り組んでおります。
 下御糸工区では本年度から約五カ年にかけてストックマネジメント事業を実施していきます。その他の工区については、この事業の理解が得られたところから着手していく予定をしております。
 この事業は地権者の皆様に約10%程度の事業負担金がかかることとなり、地権者の皆様の全員同意を得ながら進める事となりますのでご理解とご協力をお願いする次第であります。
 これからの農業を、次世代の後継者にとって魅力ある産業として位置付けていくためには、農業の集積・大区画化等の農地整備や水利施設の維持管理を推進していくことが、私たちに課された課題です。
 また、これからは農業情勢を十分把握し、検討しながら各事業に取り組んでいきたいと思っておりますので、皆様の限りないお力添えをよろしくお願い致します。

     

平成30年4月

明和土地改良区 
理事長 南野 光輝