社会福祉事業の普及啓発

地域福祉(活動)計画の推進

推進体制 本計画を効果的に推進するため「明和町地域福祉(活動)計画推進委員会」開催し、計画の進捗状況の把握・検証、取り組みの評価を実施します。
町の福祉、保健、医療、教育、人権問題、まちづくり、防災、生活環境など様々な分野の担当課と本会による連携の場をもち、情報共有、共同での課題解決、新たな取り組みへの研究・検討などに連携につとめます。
社協の役割 〇基本目標1-1
みんなが共に支え合う気持ちを高めましょう
・様々な世代が参加でき、みんなが福祉を身近に感じられる体験・機会をつくります

〇基本目標1-2
いつまでもいきいき暮らせるよう心身の健康づくりをしましょう
・介護予防事業を再検討し、共に支え合う意識が育まれ健康づくりにつながるよう支援します
・誰もが参加しやすいボランティア活動の育成支援をおこないます

〇基本目標2-1
みんなで声をかけ合えるまちをつくりましょう
・誰にとっても集えるサロン活動が広がるような取り組みを支援します
・住民座談会の継続実施を通したつながりづくりを支援します
・見守り・顔みしり運動を推進し、見守り隊と子ども等、世代をこえてつながる機会をつくります
・地域の公民館や空き公共施設の活用を促進し、子どもも含めた地域住民の居場所づくりを促進します

〇基本目標2-2
支え合う関係づくりをすすめ、地域の力を高めましょう
・福祉団体の直接の声をもとに、住民と顔の見える関係づくりを推進します
・福祉サービス事業所や地元企業のイベントが地域住民との交流の場として広がるように支援します
・住民や地元企業に赤い羽根共同募金を周知し、協力の輪を広げます

〇基本目標3-1
安心・安全に暮らせるやさしいまちづくりをすすめます
・みんなで声をかけあい、足りないところを補いあう活動を通じて、支援が必要な人々も含めたみんなが不安感を軽減できる関係づくりをすすめます
・要配慮者が地域の避難訓練に参加しやすい取り組みをおこないます

〇基本目標3-2
相談しやすい環境づくりをすすめます
・地域に出向くことにより、住民や自治会、民生委員からの相談をキャッチできる体制をつくります
・生活支援コーディネーターをはじめとした職員全員が相談担当となって、部署間連携を密にして解決にあたります

〇基本目標3-3
いつまでも自分らしく暮らせるまちづくりをすすめます
・ニーズに対応する生活支援サービスの開発をすすめます
・日常生活自立支援事業や成年後見制度(法人後見等)の活用により、権利擁護体制の推進に取り組みます

地区福祉委員会の活動助成(自治会長・民生委員)


ひとり暮らし高齢者・高齢者世帯の交流(おでかけ交流会)


ひとり暮らし高齢者・高齢者世帯等への歳末見舞い


広報誌の発行


社協ふれあい祭りの実施


明和町社会福祉協議会会長表彰