トップへ戻る
本文へスキップ
三重県明和町社会福祉協議会/多気郡明和町社会福祉協議会



地域包括支援センター
【職員3名出向 “主任ケアマネ”,“社会福祉士”】
  


居宅介護支援(ケアマネジャー)

 目的 ”住み慣れた明和町でいつまでも安心して暮らしたい…”この願いのお手伝いをします。
介護保険についてのご説明や介護保険サービスの調整、ご本人・ご家族と相談し、介護サービスの計画を作成します。また、介護全般についてお困りごとがございましたらご相談に応じます。 
 対象者  明和町在住の方
 相談方法  電話・来所・訪問いずれにも対応させていただきます。
 営業日時  月曜日〜金曜日(祝祭日・12/30〜1/3は除く)
午前8時30分〜午後5時15分
※上記時間以外営業はしておりませんが、ご希望によりご相談に応じます。
 利用料  ご利用者の自己負担はありません。
                                                          トップへ戻る
通所介護(デイサービス)
 目的  「共に笑顔に」「はじける笑顔と思いやり」
明和の里デイサービスでは、食事や入浴などの介護サービス、機能訓練など日帰りで受けられます。
 対象者 明和町在住の方で要介護認定を受けられた方
 営業日時  月曜日〜金曜日(12/30~1/3は除く)
午前8時30分〜午後5時15分
 事業内容  ☆入浴サービス
  広くて大きい一般浴は、四季を感じる庭を見ながらゆったり入浴していただけます。
☆食事サービス
  バランスの良い食事を、地元産のおいしい御糸米のご飯でいただきます。
☆マッサージ・ホットパックサービス
  あん摩マッサージ指圧師(国家資格者)による無料の施術でこりをほぐし、体も心もリフレッシュしていただきます。
※その他、健康体操・ボランティアさんや小学生との交流・お菓子の販売日等のお楽しみもあり、1日2回のレクリエーションは、みんなで楽しくわいわい賑やかな声が飛び交います。
                                                          トップへ戻る
訪問介護(ホームヘルプサービス)
 目的 介護保険で認定を受けられた方にホームヘルパーがご自宅を訪問して、居宅サービス計画(ケアプラン)に
基づいて自立した日常生活を営むことが出来るよう援助・支援を行います。 
 対象者  明和町在住の方で要介護認定を受けられた方
 営業日時  月曜日〜金曜日
午前8時30分〜午後5時15分
※上記時間以外もご希望により稼働します。
                                                          トップへ戻る

介護保険外サービス訪問支援(ほのぼのヘルパー)
 目的 軽易な生活援助サービスを提供することにより、自立した生活の継続を可能にするとともに、健全で安らかな生活を営むことができるよう援助いたします。
 対象者 明和町在住のひとり暮らし高齢者及び高齢者世帯の方
 営業日時 月曜日〜金曜日(祝祭日・12/30〜1/3は除く)
午前8時〜午後6時
 事業内容 料理、居宅の掃除、洗濯
食材などの買物代行
布団の天日干し、クリーニングの洗濯物搬出
居宅の整理及び整頓
外出や散歩の付添など、外出時の援助(ヘルパー運転による外出を含まない。)
認知症の方の見守り
お話し相手や趣味の相手
 利用料  1時間当たり900円。1時間を超えた場合は30分ごとに450円を加算。
                                                          トップへ戻る


明和町障がい者生活支援センター♪ここ♪
【職員2名出向 】
 目的 障がいのある方をはじめ、家族や支援者の皆さんを対象とする総合相談窓口として、障がい者の皆さんの自立と社会参加を目指し、地域で安心して生活できるよう、専門の相談支援員による電話・面談相談や訪問、相談支援等の業務を行っています。 
 対象者 身体・知的・精神障がいのある方、その家族・支援関係者
 場所 明和町保健福祉センター 
 営業日時 月曜日〜金曜日(祝祭日・年末年始は除く)
午前8時30分〜午後5時15分
 お問い合わせ先 TEL:0596-52-7127
FAX:0596-52-7128
MAIL:shien@town.meiwa.mie.jp
 支援等の内容 交流の場「ここサロン」、意見交換会「ここトーク」の定期的開催
日常生活全般の相談
福祉サービス等の利用援助(情報提供と申請手続きの支援)
専門関係機関(病院、ハローワーク、特別支援学校等)の紹介と連携
支援のネットワークづくり等
                                                          トップへ戻る
指定特定相談支援事業
 目的 障がい福祉サービス等利用計画についての相談及び作成などの支援が必要な場合に、障がい者(児)の自立した生活を支え、障がい者(児)の抱える課題の解決や適切なサービス利用に向けて、サービス等利用計画の作成、及び支給決定後のサービス等利用計画の見直し(モニタリング)を行うことによりきめ細かく支援します。
 対象者 明和町在住(原則)の障がい者(児)で、障がい福祉サービス利用を希望される方
 場所 明和の里 
 営業日時 月曜日〜金曜日(祝祭日・年末年始は除く)
午前8時30分〜午後5時15分
 お問い合わせ先 TEL:0596-52-7056
FAX:0596-52-7057
 支援等の内容 サービス等利用計画・障がい児支援利用計画案の作成
サービス事業者等との連絡調整、計画の作成
サービス等の利用状況の検証・計画の見直し(モニタリング)
サービス事業者等との連絡調整、支給決定又は支給決定の変更に係る申請の勧奨
                                                          トップへ戻る

障がい者福祉サービス居宅介護(障がい者ヘルパー)
 目的 ご自宅において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言、その他の生活全般にわたる援助を行います。
 対象者 明和町在住の方
 営業日時 月曜日〜金曜日
午前8時30分〜午後5時15分
※上記時間以外もご希望により稼働します。
事業内容 居宅における身体介護
家事援助
                                                          トップへ戻る

福祉のまちづくり資金(社協会費)
 実施主体 社会福祉協議会 
 活動期間 7月1日〜7月31日
 配分内容 地区福祉委員会(5地区)へ配分
福祉活動紹介や啓発活動(福祉ふれあい祭り開催)
広報紙(社協だより)発行
日常生活自立支援事業助成金
                                                          トップへ戻る

日赤募金運動(日赤社資)
 実施主体 日本赤十字社 
 活動期間  5月1日〜5月31日
 配分内容 防災ボランティアコーディネーター養成講座
日赤車の配備(災害救助)
罹災者救援物資(毛布・災害セット・発電機)の配備
                                                          トップへ戻る

赤い羽根共同募金運動
実施主体 共同募金会 
活動期間 10月1日〜12月31日
配分内容 生活保護受給者食事料金助成金
紙おむつ券の配布(重度障がい者・寝たきり高齢者等)
福祉教育事業(児童)
ボランティア福祉協力校への助成
生活支援サポーター養成講座
ボランティアサマースクール
はじめてのボランティア相談会
障がい者地域交流活動事業(バリアフリーコンサート・ふれあいレクリエーション)
                                                          トップへ戻る

歳末たすけあい運動
 実施主体 共同募金会 
 活動期間  11月25日〜12月10日
 配分内容 歳末見舞品配布
おでかけ交流会(老人のつどい)
                                                          トップへ戻る

寄付金受付(善意の箱)明和の里・ありんこ
 実施主体  社会福祉協議会
 目的 社協では「住みなれた地域で楽しくおだやかに暮らしたい」という地域住民の気持ちを大切にし、地域福祉活動を実践するため「善意の箱」を設置しております。この寄付金は社協が地域福祉を推進する上で大きな支えとなっています。
 活動期間  通年
 善意の箱設置場所 ◎明和の里 玄関ロビー
◎ありんこ 玄関ロビー
◎カインズホーム明和店サービスカウンター
                                                          トップへ戻る




地区福祉委員会
 目的 地域の生活環境のなかで、個人の力ではどうにも解決できない問題を、住民一人一人が地域ぐるみで実践するための組織づくりを行います。 
 福祉委員 民生委員児童委員
自治会長
 活動内容 各小学校・幼稚園への助成(運動会・環境整備品・入学、卒業祝い・図書・子ども会)
                                                          トップへ戻る

おでかけ交流会(老人のつどい)
 目的 明和町在住のひとり暮らし高齢者及び高齢者世帯を対象に日帰り旅行を行うことにより、日々の暮らしの様子や生活問題はないかなどの確認や旅行を楽しみにし、生きがいを持って生活していただくことを目的としています。 
 対象者   70歳以上のひとり暮らし高齢者
 70歳以上の高齢者世帯
 旅行先 相差・鳥羽・浜島など
                                                          トップへ戻る

ボランティア福祉協力校
 目的 小・中学校の児童・生徒に地域住民との交流など、福祉体験活動や、ボランティア活動を進めることで、さまざまな人々と自然に交流できる態度や、地域福祉への関心を育むことを目的としています。
活動内容   社会福祉施設訪問
 視覚・聴覚障がい者のお話を聞く
 地域住民との交流(祖父母交流)
 ボランティア体験
 講演会・映画会
 学校新聞
 美化運動
 手話学習
 お花を通じて地域社会づくりのための活動
 地域の外国の方との交流
                                                          トップへ戻る

歳末見舞品配付
 目的 歳末の時期にあたり、多くのひとり暮らし高齢者や高齢者世帯などの方々に個別訪問を行うことにより、安否確認・不安なく健康で新しい年を迎えられることを目的としています。
対象者     ひとり暮らし高齢者
 高齢者世帯
 要援助者世帯(特に援助が必要と思われる世帯) 
 ※例えば…
◎年齢に関わらず支援が必要な方やその世帯
(重度の障がいのある方、引きこもり状態にある方、寝たきり高齢者、認知症高齢者などで「地域生活課題」を抱えた方やその世帯)
◎ひとり暮らし高齢者又は高齢者世帯の方の他に、重度の障がいを持った子や孫のみと同居されており、
援助が必要と思われる場合。
◎ひとり暮らし高齢者又は高齢者世帯の方の他に、引きこもりの子や孫のみと同居されており、
援助が必要と思われる場合。
◎上記の状態が複合した世帯。
                                                          トップへ戻る

広報紙(社協だより・広報めいわ内)
 目的 住民の皆さんに、社協の様々な活動内容をご理解いただくとともに、地域福祉活動に積極的に参加するための情報を提供することを目的としています。
 広報誌名 「社協だより」
 年4回、社協独自での発行。社協の活動紹介
 「広報めいわ」内
 年12回、講習会などの案内、社協の活動紹介
                                                          トップへ戻る

社協ふれあい祭り
目的   日頃「明和の里」「ありんこ」へ来る機会のない地域の皆さんに、施設のPRを行うとともに、社協が実施している事業の紹介を行い、町内の福祉に興味を持ち、ボランティアや募金運動に参加していただくことを目的としています。
実施内容      東日本大震災被災地復興支援ボランティア体験講話
 非常袋・非常食の準備についての談話、炊き出し実演
 便利な福祉用具展示
 高齢者疑似体験
 社協事業の紹介
                                                          トップへ戻る

生活福祉資金
 目的 資金の貸付と必要な援助や指導を行うことによって、その経済的自立や生活意欲の助成促進、在宅福祉や社会参加の促進を図り、安定した生活を送れるよう支援することを目的としています。
対象    ◎低所得世帯・・・世帯の所得が生活保護基準の2倍以下
 ◎高齢者世帯・・・日常生活上療養または介護を要する65歳以上の高齢者世帯で、所得が生活保護基準の2倍以下
 ◎障がい者世帯・・・世帯の所得が生活保護基準の3倍以下
 貸付の種類  ◎総合支援資金・福祉資金・教育支援資金・緊急小口資金
※貸付の種類等により上限金額の設定があります
※貸付決定には審査があります
                                                          トップへ戻る

地域福祉金庫
 目的 生活困窮者が生活を営む中で、不時の出費を必要とする場合に貸し付けることにより、円滑な社会生活をおくれるようにすることを目的としています。
 貸付額 上限50,000円(生活保護世帯は30,000円) 
 利子 無利子 
 連帯保証人 原則1名必要
   ※貸付決定には審査があります
                                                          トップへ戻る

福祉用器具貸出
 目的 日常生活に支障をきたしている方に対して、福祉用具を貸出することにより、在宅介護の支援を行います。 
 貸出対象 ◎要介護3〜5で概ね寝たきり状態または歩行困難な方で介護保険サービスの限度額を超える方
◎病院等に入院または施設入所中で、帰宅のため一時的に福祉用具を必要とされる方
◎治療及びリハビリ中で福祉用具が一時的に必要な方
◎生活保護世帯等の生活困窮者で福祉用具が必要な方
 貸出用具 ◎車イス
◎介護用ベッド
 料金  無料
 貸出期間  1日〜6ヶ月(最長)
                                                          トップへ戻る

バザー用器具貸出
 目的 野外活動や町内各種イベント及び祭りを開催する団体・グループ・自治会などに貸出をし、その収益を福祉のまちづくり資金や各種募金活動の資金にすることを目的としています。
 貸出対象 町内の団体・グループ・自治会など
(個人的収益を目的とした使用者は対象外となります)
 料金 各1台につき1,000円(1日あたり)
※1日を超えた場合、追加料金として1時間100円) 
 貸出用具 わたがし器
たこ焼き器
たこ焼き用台
お好み焼き・焼きそば焼き器
焼き鳥器
ポップコーン器
かき氷器
テント
                                                          トップへ戻る

祭壇等貸出
 目的 町民の便宜を図り、併せて生活改善の啓発に役立てることを目的としています。 
貸出用具と料金  ◎祭壇         1回 5,000円(一式)
 ◎鯨幕         1回 1,000円
 ◎焼香台・花台など   1回 各1,000円
                                                          トップへ戻る

えんがわお元気教室
 目的 65歳以上の高齢者が、要支援・要介護状態にならないように、必要に応じた介護予防のための事業利用を通じ、その居宅および地域において自立した活動的で生きがいのある日常生活を営むことができるよう支援することを目的をしています。 
 対象者 ◎明和町内に住所を有する65歳以上の高齢者の方
◎要支援・要介護の認定を受けていない方
◎「おとなチャレンジ教室」に参加されていない方
 内容 介護予防を目的とした「運動器の機能向上」「栄養改善」「口腔機能向上」の3つを中心に実施し、その他レクリエーション(脳トレなど)や地域で活躍されているボランティアグループとの交流や野外活動などを行っています。
                                                          トップへ戻る

おとなチャレンジ教室
 目的 生活機能を改善するための運動器の機能向上や栄養改善、口腔指導、認 知機能等のプログラムを実施します。  
 対象者 ◎要支援1・要支援2の認定を受けられた方
◎基本チェックリスト該当の方
 内容 ●利用回数:週1回(6ヶ月=1クール) ※継続延長が必要と認められた場合は延長利用可能
●サービス内容
◎運動器の機能向上
 @理学療法士による指導
 Aストレッチ、筋力運動  など
◎口腔機能の向上
 @歯科衛生士による口腔衛生のための歯科指導
 A歯・義歯の衛生指導と実践
 B口輪筋の運動 など
◎栄養改善
 @管理栄養士による指導
 B自宅でも簡単に作れる献立などの紹介
 C管理栄養士によるカロリー計算された栄養バランスのとれた昼食を提供
◎評価(教室開始時、終了時の各機能評価を実施)
                                                          トップへ戻る

筋力・能力あっぷ教室
 目的 運動や認知能力向上に特化した内容で、理学療法士による筋力運動 や、指導員による脳力トレーニング等を実施することにより、若返り効果と、健康管理に対する意識向上を図ります。  
 対象者 ◎明和町内に住所を有する65歳以上の高齢者の方
◎通所介護事業所・通所リハビリ事業所に通われていない方
◎「おとなチャレンジ教室」に参加されていない方
◎要支援1・要支援2の認定を受けられた方
◎基本チェックリスト該当の方
 内容 ●サービス内容
◎運動器の機能向上
 @理学療法士による集団指導 個別計画による個別指導(落ちている筋力などを重点的に指導)
 Aストレッチ、筋力運動
 B自宅でも継続してできる運動プログラム
◎脳力トレーニング
  @すうじ盤
  A一桁計算
  B音読
                                                          トップへ戻る

紙おむつ券給付
 目的 在宅で生活している高齢者や障がい者で、常時紙おむつを必要とされている方の経済負担を軽減することを目的としています。 
  対象者 @要介護4・5の高齢者もしくは要介護2〜5の認知症高齢者で町民税非課税世帯の方 
A要介護5の高齢者で@の給付を受けていない方
B65歳までの障がい者で、障がい者手帳1,2級または、療育手帳所持されている方
  給付額  @1ヶ月 5,000円
 A1ヶ月 3,000円
 B1ヶ月 3,000円
                                                          トップへ戻る

生活保護受給者食事料金助成
 目的 介護保険サービス利用者負担の軽減を図ることを目的としています。 
 対象者  生活保護を受給されている方の中で、デイサービス・通所リハビリ(デイケア)を利用されている方
 内容  サービス利用時の食事料金の半額を補助します (上限12回)
(町外の施設を利用されている方でも可)
                                                          トップへ戻る

配食サービス
 目的 高齢者の居宅に配食を行うことにより、食生活の改善、健康維持及び配達時の見守りにより孤独感の解消を図るとともに、自立した在宅生活を支援することを目的としています。
 対象者 明和町在住の方で、心身の状態などの理由により自身で調理することが困難で次のいずれかに該当している方
@65歳以上のひとり暮らし高齢者の方
A65歳以上の高齢者世帯の方
B介護保険法に規定する要介護または要支援に該当するひとり暮らし高齢者の方
CBに規定された方と65歳以上の高齢者のみの世帯の方
 内容  1人当たり 1日1食(月〜金)の昼食のみ提供します
 料金  1食 450円 (生活保護世帯 350円)
                                                          トップへ戻る




心配ごと相談
 目的 日常生活の困りごと、心配ごとなどの相談、助言を行います。
 相談日  第1月曜日 第3月曜日 
 時間  午前9時30分〜正午 午後1時30分〜午後4時 
 場所  明和町保健福祉センター
相談員     行政相談員(第1月曜日のみ)
 民生委員
 人権擁護委員
 保護司
                                                          トップへ戻る

日常生活自立支援事業(権利擁護)
 目的 判断力が十分ではない高齢者や障がい者に対し、福祉サービスの利用や日常的な金銭管理を通じて、安心した生活を送れるよう支援することを目的としています。
 内容 ◎福祉サービス利用のお手伝いや利用料の支払い
◎日常のお金・通帳の管理、病院・公共料金などの支払い等
料金  ◎福祉サービス利用及び日常的金銭管理サービス
 1回:1,000円
◎書類預かりサービス
 年間:3,000円(1ヶ月250円)
                                                          トップへ戻る

手話奉仕員養成講座
 目的 障害者総合支援法に基づき、手話を第二言語として自然な形で習得できる指導方法を用いて奉仕員を養成し、
聴覚障がい者等の社会参加を促進することを目的とします。
 相談日  毎週月曜日(入門過程:35時間  基礎課程:45時間)
 時間  午後7時〜午後9時(講義・実技内容により前後する場合があります)
 場所  明和の里
 受講料  無料(事前申込が必要です)
                                                          トップへ戻る
 
ボランティアセンター
役割 相談・登録 ◎ボランティアを始めたい方(個人・団体)の相談や登録を行います。
◎ボランティアセンターに登録した方(個人・団体)の活動支援、援助を行います。
情報の収集・発信  ◎ボランティア活動の場・助成金・研修会などの情報収集を行います。
◎ボランティアグループの会員募集・イベントや活動の紹介(広報誌)を行います。
連絡・調整・紹介 ◎ボランティアしたい人とボランティアを必要とする人との調整・紹介を行います。
◎ボランティア団体・個人・施設・公共機関等との連絡調整を行います。
機材貸出 福祉教育の活動・ボランティアグループの活動に関する機材の貸出を行います。
(テント・高齢者疑似体験セット・点字器)
保険の受付 ◎ボランティア活動中に起きた事故やケガを補償する保険への加入窓口を行います。
(ボランティア活動保険・ボランティア行事保険)
啓発・研修 ボランティア活動への関心・理解を深めるための推進活動を行います。
(ボランティア教室の開催・学校での福祉教育)

軽度生活援助
 目的 ひとり暮らし高齢者等に対して、軽易な日常生活上の援助を行うことにより、自立した生活を可能にするとともに、要介護状態への進行を防止することを目的としています。 
 対象者  おおむね65歳以上の高齢者世帯及びこれに準ずる世帯に属する高齢者であって日常生活上の援助が必要な方
内容  @外出の援助
A食事・食材の確保
B寝具類等大物の洗濯、日干し、クリーニング洗濯物の搬出搬入
C家周りの手入れ
D軽微な修繕
E屋内の整理整頓
 料金  150円〜200円/1時間(生活保護世帯は無料です)
                                                          トップへ戻る

家族介護教室
 目的 要介護被保険者を介護するものに対し、介護及び介護予防に関する知識及び技術の習得等を行うことで、要介護被保険者の能力の維持向上を図ることを目的としています。 
 対象者 ◎明和町在住の方で、要介護被保険者を介護している家族
◎介護に関心があり、知識を深めたい方
 内容  介護方法や介護予防、介護者の健康づくり等についての知識・技術の習得
                                                         トップへ戻る