QA まず皆さんからよくある質問にお答えしたいと思います。
★「どんこ」って何?
椎茸の種類ですか?と聞かれますが違います。採れた状態、「つぼみ」で採った椎茸をいいます。ひらいていない椎茸です。
「おいしいしいたけ」の代名詞にもなっています
★1度植菌した木に毎年菌を入れますか?
いいえ、菌は1度入れるだけです。普通5年ぐらい採れて終わりです。秋、春、年2回採ります。
取り終わったホダ木はボロボロになり最後は土になります、その土から「かぶと虫」が生まれます。
椎茸屋は夏菌も入れて1年中採ります。冬菌も1年で3回位採りますので5年もとれません。
★ホダ木がほしい。(販売してほしい)
その年によって仕込んだ本数が多ければ販売出来ます、少なかったら販売できません。今年は販売出来ます(大量には出来ません)。
2夏経過したホダ木になりますので秋以降になります。(菌が全体に回った状態の木)必ず椎茸がとれます。
★椎茸が採れない。
2夏経過していますか?。(植菌してから)置き場所はどうですか?。
人間と同じで夏は涼しく、冬はあったかい場所。特に夏の直射日光に気をつけて下さい。
原木全体に菌が回ったら軽くなります、ズシッと重く感じたらまだ出来上がってないです。ホダ木(天と地)をひっくり返して下さい。
★どうして美味しいの?
手間暇かけて、昔ながらの栽培方法で、自然の恵みをいっぱい受けて育った(2夏経過)原木から採れた椎茸だからです。

 椎茸栽培 一年の流れ
1月 植菌開始 1年間の仕込みが始まります。
購入原木(90cmに切った木を仕事場まで配達してもらえます)
植菌済み購入原木、(90cmに切った植菌済みの木を仕事場まで配達してもらえます)
山の立ち木(秋に元切りした木を、後90cmに切ります)
生椎茸発生準備作業(ほとんど毎日です)
ハタケしめじは月3〜4回発生準備します。毎月です。
2月 1月同様植菌作業です。
植菌が終わるとその木を伏せ込みします。きれいに「よろい」に組んでいきます。後芝をかけて直射日光があたらないようにします。(このままの状態で2夏経過後秋に山から下ろし椎茸発生準備します)
さくらの木になめこ菌を入れます。次年の秋にはたくさんとれることでしょう。原木なめこは格別おいしいです。
3月 2月同様植菌作業です。
山ですので毎日いけません(雨が多い月です)
自然発生の椎茸とり、乾燥作業
イヤー、去年から猿がやってくるようになりたいへんだ。
4月 3月同様植菌作業です。
自然発生の椎茸とり、乾燥作業。
5月 なめこ、平茸しめじの出来たブロックを購入。秋の発生まで育成します。
生椎茸は夏菌に切り替わります。季節の変わり目で栽培が難しい時期です。
6月 1年間の仕込みも終わり、ホット一息したい月です。
下旬から山出しが始まります、少しずつです。(生椎茸用) 去年仕込んだホダ木です。
線を張って出します。
7月 山出しです。半日で終わります。
暑いのでたいへんだ。御中元用にいい椎茸がとれますよ。
生しいたけは1日2回とります(朝、夕)、暑いので成長が早いです。
8月 御中元用、おつかい用と生椎茸発生準備です。山出しです。
16日まで主人と販売中心です。
新ホダ木の2回目発生準備です。
9月 新ホダ木の2回目発生準備です。
市場へ出荷していないので店のみ販売ですので調整しながらの発生準備です。
ぼちぼちって感じです。
10月 2夏経過したホダ木の山出しです。
なめこ発生準備
平茸しめじ発生準備
11月 なめこ発生。 平茸しめじ発生。 山出し。
早く下ろさないと山で椎茸が発生してしまう。
18日山へ行くと、猿がシバを除けて椎茸を採っていた。マイッタ!!
良い生椎茸が採れる。 お歳暮の注文が入ってくる。
元切りをします。立ち木の元を切って水分を切ります。 来年用に植菌の準備です。
12月 山出し。 11月同様遅れているほだ木を早く出さないと。
山から下ろしたほだ木からとても大きな椎茸が発生。 御歳暮用に最適。
今年は暖かく、椎茸発生に好条件。(暖房入れない我が家だから)
こんな感じで1年間椎茸栽培は回っています。
手間暇かかりますが「美味しい椎茸」を作り、皆様から喜んでいただけるよう頑張ります。
今後共よろしくお願いします。
Copyright (C) 2011 fujiwara farm all rights reserved.